VR

スペック

接続

RS-422、イーサネットカメラコントロールポート

RS-232/RS-422オートメーションインターフェース

GPI IN/OUT スイッチャータリー コンポジットビデオサムネイル入力

寸法(パネル)

19インチラックマウント、3RU

寸法(コンピュータ)

19インチラックマウント、2RU

寸法(タッチスクリーン)

17インチ

電源

AC100-240V 50/60Hz

製品概要

TR-XTコントロール・システムはニュース、スポーツ、議会での高度な使用においてリモコンカメラを直感的な操作で制御するために設計されています。

スタジオの各所に分散配置した複数カメラを精密に制御し、プログラム可能な“シーケンスモード”、“キューモード”キュー及び昭特独自の“ラーンモード”の組み合わせにより、高度な用途において多彩なコントロールが可能です。

オペレータが選択可能な多様なスクリーンレイアウトにより、ショットとカメラへの最適なアクセス操作が可能です。また、昭特独自のシングル・カメラモードではタッチスクリーンにリアルタイムでライブビデオを表示してオペレータに安心感を与えます。

標準としてイーサネット通信とRS-422通信のインターフェースを持っており、どちらをも主及び副として使用することができます。これにより総ての昭特リモコンシステムと連接が可能な他、Radamecなど他社製品との接続も可能で、システムの性能向上や更新においてシステム全体を一斉に交換しなくても良いという利点があります。

TR-XTは優れたインターフェース機能により、ビデオ・スイッチャー、プロダクション・スイッチャーや自動制御システムとの連接が可能で、オペレーターの負担を最小限に抑えると共に、ミスも防ぐことができます。

改良版ディスプレイオプションTR-XTシステムはSDIまたはHD/SDI入力が可能なほか19インチ音響パネルガラスタッチスクリーンで16:9フォーマットも表示可能です。


[特徴]

 ・最大16台までのカメラを制御

 ・タッチスクリーンによるショット選択等

 ・各カメラのショット数無制限

 ・マルチ・ショットの連続再生

 ・複数カメラに一斉キュー指令

 ・多用途ロータリーエンコーダを備えたパネル

 ・“ラーンモード”での10通りのカメラ動作

 ・オートマチック“オン・エアー”カメラ選択


[仕様]

 ・3軸速度比例ジョイスティックによるパン・チルトズームコントロール

 ・2つのロータリーエンコーダをフォーカス、パン、チルト、ズーム任意に設定可能。

 ・比例動作のTバーによるフェード時間設定

 ・パン・チルト独立に極性反転が可能

 ・8個のカメラ指定ボタンと“オン・エアー”タリーでのカメラ選択

 ・“フェード”“カット”“スゥープ”“ストップ”各モード

お問い合わせ内容

氏名※必須項目

ふりがな ※必須項目

ご所属

住所 ※必須項目

TEL

FAX

MAIL※必須項目

に関するお問い合わせ

-

-

-

-

-

上記内容で送信しますか?

ENGLISH 日本語